テーマ:パーツ・用品

ブリードニップルキャップを3Dプリンタで作ってみた

シマノの油圧ブレーキ・キャリパーについている ブリードニップルのゴムキャップって、 知らぬ間に無くなってません??? で、買うと1個215円!! 無くてもいいか・・・ってなりますよね。 そこで、3Dプリンタで作ってみました。 コストはたぶん10円以下。 まずは3D-CADでモデリング オリジナル部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こたつをサイクルスタンドに改造しちゃった件 

昨日のトレイルライドでは、久しぶりのパンク。 思い起こせば、1年前にサボテンが刺さって以来でした。 基本的にはチューブレスを使っているので、 今回のようにチューブドでスネークバイトなパンクは、 5年以上、記憶にない。。。。 で、ここで使っているスタンドですが、実はこたつ! 原型はとどめていませんが・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4ピストンのブレーキキャリパー調整用スペーサ

僕はシマノの2ポッドタイプを使っているのですが・・・ 4ポッドのブレーキキャリパーの場合、それぞれのピストンの出量のバランスが崩れることがあるそうです。 そこで、ピストンの出量を揃えるツールを3Dプリンタで。。。 ブレーキパッドのサンプルを預かって、モデリングして、 パッドの外側に位置する部分に、2mmの段差を付けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王滝準備(フレームバッグ自作編)

Banshee Paradox用にも作った経緯のあるフレームバッグを https://norihiron.at.webry.info/201403/article_1.html KONA Honzo用に再制作しました。 ボトルケージを交わして、シートステーに沿わして取り付けるスタイル。 サドルバッグだと、高重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイクリストに一押しの束線バンド

自転車でもよく使うのがインシュロック=束線バンド。 モノタロウで、対候性タイプを購入しておきました。 長さは80mmと100mm。 一番、出番の多いサイズです。 で、長いタイプも欲しいところですが、 モノタロウブランドの物は、長さに比例して太くなってしまい、 なんだがゴッツイ物しかありません。 そこでおスス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ6月王滝仕様に変更(ドロッパー編)

王滝にはきつい下り坂やドロップオフはないので、ドロッパーポストは不要です。 あってもいいのですが、無駄に下りで頑張ってしまうので パンクリスクがあがります。。。。 ドロッパーポスト用のレバーが無くなってハンドル周りもすっきり。 ブレーキ油圧ホースとシフトケーブルは、ハンドルに近いところにまとめています。 こうしてお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Problem Solvers Cog Carrier

シングルスピード化の為に準備した Problem Solvers社の Cog Carrier スペーサーもロックナットも付いていないのですが、 ロックナットは普通のカセットスプロケット付属の物を流用し、 スペーサーは3D-PRINTERで自作となりました。 まずは普通にスペーサーを。 コグの両サイド用に2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今更、シングルスピードへ

HONZOを購入して以来、ばらしてフレーム状態で置いてあったPARADOXを復活させようと思っています。 王滝に出ようと思うと、やっぱり王滝仕様にバイクを仕立てなければなりません。 最近は、細目のタイヤ、ドロッパーは外して、ギヤは重め・・・くらいの組み換えですが、 それでもトレイルライドは楽しめません。 やっぱりサブマシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレーキをM780からM7000へ

シマノの油圧ブレーキ。 5年以上使っていると、ガタも出てきたようなので交換。 もともとM780系のXTでしたが、お買い得なM7000系のSLXへ グレード的には落ちるのですが、そこは世代が新しいだけあって、 見た目にもグレードアップ。すっきりしました。 <施術前> <施術後> とくに、ハンドルバーへのク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3Dプリンタでバッシュガード作成

ダートジャンプバイクのDABOM の SONIC BOOM せっかくなのでシングル化しました。 クランクはトリプルギヤ用のDEORE。 最初はミドルに30T、リヤコグは16Tで組んだのですが、重い!! ということで、フロントはロー側に26Tのチェーンリングを入れました。 たぶん、これで良いくらいのギヤ比じゃない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Finish Line DRY BIKE LUBE が透明になってパワーアップしている

昔・・・・妻にチェーンルブを買って来て~って頼んだら 1リットル入りを買って来てくれました。 「だって、お得だったんだもん!」 目線が主婦です。 あれから8年ほど経って、ようやく無くなって新規購入 で、よく見ると、いつも底に沈んでいる白く分離した成分が見当たらない。 液はすっかり透明に。 「まさかの不良品?成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Stans ARCH MarkIII

フォークのブースト化に伴い、ハブ交換。 ついでにリム交換、、、あれ、新しいホイールじゃん。。。 選んだのは、今までもリヤホイールで使っていたStansのARCH。 ですが、Mark-IIIになっていて、まったく違うリムでした。 BOOSTのハブでフランジ間距離が広くなったせいなのか、 リムの剛性が高いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ERGON SMC-pro サドル

846プロジェクト/朽木4時間エンヂューロの戦利品、 ERGON SMC-pro サドルをさっそく使ってみました。 チタンレールにカーボンコンポジットの軽量サドルで、 しっかりした作りなのに重量は たったの235g といっても、Lサイズと一番幅の広いタイプ。 私のお尻にはフィットしそうにありません。 お尻の幅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

34FLOAT SC 29 120 FIT4 ファーストインプレッション

フォークが交換されて前後B00ST仕様になったHONZO CR. そのフォークのファーストインプレッションです。 まずセッティングから。。。。ですが、 ここはマニュアル推奨値からスタート。 ボリュームスペーサーの予備がマニュアルよりも1個多いようですが、 もしかしたら日本仕様は日本人の体重に合わせて、スペーサーを1個抜いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

34FLOAT SC 29 120 FIT4 3Pos-Adj Kabolt110 1.5T

5年ぶり?にFOXのフォークを購入。 旧型を持っていれば新品の30%の価格で下取りキャンペーンに乗りました。 (実質、新品が30%OFFなんですが・・・) 34FLOAT SC 29 120 FIT4 3Pos-Adj Kabolt110 1.5T リモートの無いタイプでは最上級の120mmフォークになるかな? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイドスタンドの先っぽを3Dプリンタで再生

奥様の通勤用自転車に装着されているサイドスタンド。 先端長さが調整できるようになっていたのですが、 ごっそり落下して無くしてしまったとのこと。。。。(涙) ここは3Dプリンタの登場。 モデリングは10分程度。プリントは2時間。 長さの調整機能は不要なので、短くなってしまった部分を伸ばすだけにしましたが、 なかなか良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26inchMTB⇒700Cクロスバイク化

世の中、すっかり29erや27.5が定着して、 もう26インチのMTB、とくにXCバイクなんかは出番がないですよね。 でも、お気に入りだったバイクを捨ててしまうのは可哀そうなので 700Cに履き替えてクロスバイクに変身させました。 ベースとなったのはルイガノのXC-DRIVE クロモリフレームで、MTBとしてもとても乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CATEYEのサイコンて落ちるよね。。

ここでかよ! アリゾナフェニックスのトレイルを楽しんでいたら、 サイコンを落としてしまいました。(/_;) CATEYEのサイコンって、 マウンテンバイクで3年ほど使うと本体側の固定部分がすり減って 固定が甘くなるんですよね。これで3個目です。落としたの。 サイコンの機能は エンデュランスレースのときは、距離と時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KONA HONZO CR TRAILのシートクランプ

愛機、KONA HONZOのシートポスト径は、なんと34.9mm。 なんで、こんなに太くしたのでしょうね~ 34.9mm→30.9mmのシムを入れて FOXのDOSSを突っ込んでいますが、なんだか良く締まらず、 本気でボルトを締めこんでいたら、ボルトが折れました(/_;) ボルト径は6mmですが、頭が大きくなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サボテン対策

日本では何かが刺さってパンクするってことはほとんどありませんが、 ここ、アリゾナではサボテンの恐怖があります。 なので、チューブレス+シーラントが一般的になっています。 さっそく近所のバイクショップでゲットしてきました。 サボテンのトゲくらいならシーラントで十分に対応できそうなものですが、 ときにはエアー漏れが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥様バイクの受難

先週土曜のライドで奥さん転倒。 ウインドブレーカーは破れ、肩は打ち身と擦り傷。 ヘルメットごしに顔にも軽い擦り傷が。。。。 でも大事に至らずに済みました。 バイクも、。。。これくらいで良かった。。 MTBブログランキング参加中。よかったらクリックして下さい。 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1+1=1

USから日本に来たという友人のバイクに貼られたステッカー 1+1=1 ギヤ1枚+1枚でもシングルスピードって事です。 実は、がん撲滅の為の募金活動をしている団体が作っているものらしく、 デザインもナイスです。 アメリカ出張中に入手できたら欲しいな~ MTBブログランキング参加中。よかったらクリック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

29erを海外に持っていく箱の自作

明日からアメリカ出張。しかもESTAで滞在できる最大の90日。 この間、自転車なしではノイローゼになるかもしれないので、 初めての自転車の海外持ち込みに挑戦です。 持っていくのはKona HONZO。29erです。 JALの規定によれば、無料で預けられる荷物は2個まで。 大きさは、3辺の合計が203cm 重さは23kg…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kind shock Eten Height Adjust Seatpost 27.2/410 mm

2週間の海外出張のせいで遅れていた作業に着手。 奥様用29er用ドロッパーポストの交換です。 交換前はTMARSのドロッパーに油圧ダンパーを仕込んだ スペシャル版だったのですが、いまひとつレバー操作が堅いので 交換したかったのです。ところが27.2mmって選択肢が少ないんですよね。 http://s.webry.i…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

34t->30t

HONZO号は、王滝直前に組み上げたこともあって チェーンリングも王滝仕様でした。(F34TxR11-46T) トレイルライドにはちょっぴりギヤが重いので、 30Tに交換しました。 フロントダブルの場合だと、F24xR36位に相当しますね。 実際にトレイルに持ち込むと、やっぱりこのくらいが良いです。 舗装路のアプロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3Dプリンターで作るヘッドスペーサ一体サイコンブラケット

ステムを交換した結果、サイコンをステムに取り付けることができなくなりました。 ステムが短くて角ばっているので、バンドが巻けません。 そこで、ブラケットを自作。 3Dプリンタでヘッドスペーサ一体型のブラケットを作り、 それに、キャットアイのナイロンタイブラケットを組み合わせました。 なるべく低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35mm

35億、、、じゃなくて。 ハンドルのクランプ径35mmです。 KONA HONZOに乗り換えて、ハンドル高さが低くなりすぎたので ライザーバーに交換。選んだのは、 RacefaceのNext35mm。 昨今、自転車の規格ってどんどん太く、広くなってますよね。 今回はハンドルバーのクランプ径(ステムの内径) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューバイクで2018年スタート

新しい年がスタートしました。 若干フライングでしたが、11月からニューバーイクを導入し、 新らたな気持ちで迎えた新年です。 メインバイク変更につき、 2011年から6年間乗ったバンシーパラドックスは引退。 お疲れ様でした。 このバイク、当時はセンセーショナルなジオメトリーで、 29erなのに下り系と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月王滝は寒そう。インナーはモンベルのZEO-LINEで行きます

台風で中止になった9月王滝の代替レース、いよいよ来週です。 11月の王滝村って・・・・極寒( ;∀;) 金曜日に駒ケ根まで出張で行くことがありましたが、 現地の方の話では、朝の気温は1度だったそうです。 レースは7時にスタート。かなり寒いはず。 登りも下りも長い王滝SDA。ウエアー迷うな~ 特にインナーは重要。汗冷え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12スルーでも、QRシャフト式のスタンドが使えるアダプター

昔から、スポーツバイクのスタンドはリヤのQRシャフトを掴むのが主流だと。 これって、 ・スタンドとして安定している。 ・ホイールが回せて、ディレイラー調整ができる。 ・軽量コンパクト。折り畳みできる。 12mmスルー対応を謳った一部の製品では、 フレームをちょこんと乗せるだけだったり、 スルーシャフトの穴にピンを差し込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more