コアリムーバー付きバルブキャップ自作(3Dプリンタ)

ちょっとリクエストがあったので。。。。

今時のMTBはチューブレスレディーが主流で、シーラントを入れて
使っている方が多いようです。

シーラントがバルブコアに詰まってしまたとき、あるいは、
ビードをあげるときに勢いよくエアー流量をかせぐには
バルブコアを外す必要があります。

ラジオペンチなんかで緩めることも出来ると思いますが、
閉める時は、閉め加減が難しいですよね。
最近のシマノのホイールなんかには
バルブコア用のプラの工具が付いているようですが、
お持ちでない方の為に、作ってみました。

携帯しやすいように、バルブキャップと一体で!!
IMG_20200216_131408.jpg
IMG_20200216_150826.jpg

3Dプリンタでネジを上手く整形できるか心配でしたが、
M5サイズくらいなら問題ないようです。

コアを外すときは、、、
IMG_20200216_131402.jpg

材料は、カーボンPLA。
普通のPLAよりずっと硬くて、実用部品作りには最適です。
もちろん、高温には絶えませんが。。。

MTBブログランキング参加中。よかったらクリックして下さい。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

"コアリムーバー付きバルブキャップ自作(3Dプリンタ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント