35mm

35億、、、じゃなくて。
ハンドルのクランプ径35mmです。

画像


KONA HONZOに乗り換えて、ハンドル高さが低くなりすぎたので
ライザーバーに交換。選んだのは、
RacefaceのNext35mm。

昨今、自転車の規格ってどんどん太く、広くなってますよね。
今回はハンドルバーのクランプ径(ステムの内径)

その名のとおり、クランプ径は
これまで31.8mmだったのが、35mm。

その他、 
760mm幅 (前は720mmを使用)
20mmライズ (前はフラットバー)
8°バックスイープ 
5°アップスイープ

たぶん、カーボン化が進んで、太いほうが軽くて丈夫に設計できるんだろうな~

クランプ径が違うので、ステムも必要になります。

ステムは、
Funn Funnduro 35 Stem

突き出し長さは45mmと、これまでより15mm短いものを選びました。
これは、自転車本体のトップフレームの長さが長くなった分ですね。

画像


程よいハンドル幅で、ポジションも良い感じ。
とても乗りやすくなりました。
あとは、ロングライドしたときの疲れ具合が気になります。
アルミバーと違って、カーボンバーは肘に優しいように思いますが、
太くなった分、どうなるか・・・・楽しみです。

MTBブログランキング参加中。よかったらクリックして下さい。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0