テーマ:3D-PRINTER

ブリードニップルキャップを3Dプリンタで作ってみた

シマノの油圧ブレーキ・キャリパーについている ブリードニップルのゴムキャップって、 知らぬ間に無くなってません??? で、買うと1個215円!! 無くてもいいか・・・ってなりますよね。 そこで、3Dプリンタで作ってみました。 コストはたぶん10円以下。 まずは3D-CADでモデリング オリジナル部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4ピストンのブレーキキャリパー調整用スペーサ

僕はシマノの2ポッドタイプを使っているのですが・・・ 4ポッドのブレーキキャリパーの場合、それぞれのピストンの出量のバランスが崩れることがあるそうです。 そこで、ピストンの出量を揃えるツールを3Dプリンタで。。。 ブレーキパッドのサンプルを預かって、モデリングして、 パッドの外側に位置する部分に、2mmの段差を付けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Problem Solvers Cog Carrier

シングルスピード化の為に準備した Problem Solvers社の Cog Carrier スペーサーもロックナットも付いていないのですが、 ロックナットは普通のカセットスプロケット付属の物を流用し、 スペーサーは3D-PRINTERで自作となりました。 まずは普通にスペーサーを。 コグの両サイド用に2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3Dプリンタでバッシュガード作成

ダートジャンプバイクのDABOM の SONIC BOOM せっかくなのでシングル化しました。 クランクはトリプルギヤ用のDEORE。 最初はミドルに30T、リヤコグは16Tで組んだのですが、重い!! ということで、フロントはロー側に26Tのチェーンリングを入れました。 たぶん、これで良いくらいのギヤ比じゃない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイドスタンドの先っぽを3Dプリンタで再生

奥様の通勤用自転車に装着されているサイドスタンド。 先端長さが調整できるようになっていたのですが、 ごっそり落下して無くしてしまったとのこと。。。。(涙) ここは3Dプリンタの登場。 モデリングは10分程度。プリントは2時間。 長さの調整機能は不要なので、短くなってしまった部分を伸ばすだけにしましたが、 なかなか良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3Dプリンターで作るヘッドスペーサ一体サイコンブラケット

ステムを交換した結果、サイコンをステムに取り付けることができなくなりました。 ステムが短くて角ばっているので、バンドが巻けません。 そこで、ブラケットを自作。 3Dプリンタでヘッドスペーサ一体型のブラケットを作り、 それに、キャットアイのナイロンタイブラケットを組み合わせました。 なるべく低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12スルーでも、QRシャフト式のスタンドが使えるアダプター

昔から、スポーツバイクのスタンドはリヤのQRシャフトを掴むのが主流だと。 これって、 ・スタンドとして安定している。 ・ホイールが回せて、ディレイラー調整ができる。 ・軽量コンパクト。折り畳みできる。 12mmスルー対応を謳った一部の製品では、 フレームをちょこんと乗せるだけだったり、 スルーシャフトの穴にピンを差し込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOST規格対応、振れ取り台に改造

いよいよ、我が家もBOOST規格へ。 まずは振れ取り台が無いと、ホイールが組めません。 ここはやっぱり3Dプリンタです。 左から、 135mmQR http://norihiron.at.webry.info/201708/article_3.html 12mmx142 http://norihiron.at.webr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古~い振れ取り台を、135mm幅に対応させるアダプタ製造

前にも紹介しましたが、我が家の振れ取り台は、 めっちゃ古いので、エンド幅が狭いです。 フロントは、大昔から100mmなのに、リヤってどんどん広くなりますね! 今まで、無理やり広げて使っていましたが、142スルーに対応させたやつの 応用で、135mm用のアダプターをつくってみました。 ↓142用の記事 http://nor…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレスフィット圧入工具(3Dプリンタ活用)

我が家初のプレスフィットBB車。 BBを買っても、圧入する工具が無いやん! ってことで、自作しました。 紫色のが圧入工具。部品が3つあるのは、 片方ずつ圧入するように、設計しました為。 グイッ、グイィって微妙な音を立てながら圧入できました。 取り外しは???また専用工具がいるんでしょうが、 これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

142スルー用に振れ取り台を改造(3Dプリンタ活用)

ただいま準備中のホイールは 我が家では初お目見えの12x142THRU おっと、、ホイールを組むにも、 振れ取り台が対応していないではないか! という事で、アダプターを制作 実は、我が家の振れ取り台はメッチャ古い 学生のときに購入の30年物なので、 幅は126mmかも。 いままで、135mmのハブは、軸径が同じな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TMARS ドロッパーシートポスト修理のついてにガスダンパー化

TMARSという、怪しげなドロッパーポスト。 結構使っている人いるんですよね(笑) で、故障するのが回転止めの部品だと思います。 いわゆるキーですが、はっきり言って、設計が悪い! で、仕方ないので3Dプリンタで再生しました。 ついでに、弱くなったSKYWAVEのシートダンパーが余っていたので 組み込みました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3Dプリンタでハンドルのエンドキャップ。しつこく2色仕様

しつこい様ですが、エンドキャップ(笑) 我が家の3Dプリンタは1色仕様ですが、 あいまいなタイミングでなら、 材料を途中で切り替えられます(めっちゃ手作業ですが・・・) 底の部分と、表面の部分で色を変えれば、 コントラストが高くなって、ロゴもくっきり! 手前がプリント直後。これでもOKですが、 サンディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3Dプリンタでハンドルのエンドキャップ/完成!

試作1号はあっさりと妻に破壊されたので 構造を見直しました。 差し込み部分は、螺旋タイプから矢じり型にしました。 このほうがバネ性が良かったです。 そして、要望のあったロード用も制作。 径が小さくなったのでロゴを最大限に大きくしてみたら、 前よりもデザインが良くなったので MTB用も同じデザインに変更。 掘り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3Dプリンタでハンドルのエンドキャップ作成中

3Dプリンタで何を作る? とりあえず自転車物で、ハンドルのエンドキャップを作ってみました。 まだ、糸引きとか面の粗さとか改良が必要ですが、 とりあえず使えるレベルになったので フィールドに投入です。 アセトンの処理が長すぎて、少し溶けすぎています。 ここも、作業時間の調整で解決しそうです。 僕のバイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家庭用3Dプリンタでできること

我が家に導入された3Dプリンタ。 FDM方式=Fused Deposition Modeling=熱溶解積層方式 といいまして、まぁ一番安価な方式です。 フィラメントと呼ばれる、ワイヤー状の材料を溶かして プリンタヘッドから押し出して積み上げていく・・・ そんな物です。 下の写真は、ライトのブラケット。 作ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3Dプリンタ導入~

仕事の関係で3Dプリンタについて調査したり 実際にモデルを作ってもらったりしているうちに、、、 買ってしまいました。 XYZプリンティングのダヴィンチ1.0 オークションで旧モデルを買ったので、 材料はABSしか使えないやつです。 もっとも、使い道は実用の部品つくりなので、 強度の無い、温度の弱いPLA材料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more