3Dプリンターで作るヘッドスペーサ一体サイコンブラケット

ステムを交換した結果、サイコンをステムに取り付けることができなくなりました。

画像


ステムが短くて角ばっているので、バンドが巻けません。

そこで、ブラケットを自作。
3Dプリンタでヘッドスペーサ一体型のブラケットを作り、
それに、キャットアイのナイロンタイブラケットを組み合わせました。

画像


画像


なるべく低くなるよう、ステムの隙間部分にはまり込むように設計。
その結果、このステムにしか合わない形状になってしまいましたが、
まぁ、こんな物を欲しがる人も居ないでしょうし、ワンオフって事で。

画像


やっぱりサイコンはステムの上につけるのが一番!
見やすいし、見た目にも左右のバランスが良いです。
それに、ぶつけにくい場所なんですよね~

MTBブログランキング参加中。よかったらクリックして下さい。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0